TOP  >  活動日記  >  okuno  >  未分類  >  茶摘み風景

okuno さんの日記

 
2021
5月 3
(月)
15:14
茶摘み風景
本文
静岡県は代表的な日本茶の産地の1つ。中心は、静岡市から浜松市の間の「牧之原台地」などですが、伊豆でも、農家が自家用に作っている茶畑があちこちにあります。
大規模で広大な畑の茶は、機械で「刈る」のですが、小さな畑ではこのように人が手で「摘み」ます。
勿論その方がゴミや硬い葉、古い葉が入らず、綺麗な新芽だけを摘めるので、
見た目も美しく雑味のないおいしいお茶が出来上がります。
というのは、私の母の実家が「お茶農家」で、小さい頃からその手伝いをしていたのでよく知っているのです。
当時は全て、手摘み、手揉み。しかし、叔父達の代でその手揉み技術は終わり、「茶部屋」という加工の場所も無くなりました。あのお茶の香りも消えてしまいました。
通りかかりにこの風景を見て懐かしく、写真を撮らせて貰いました。
閲覧(198)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。