TOP  >  活動日記  >  okuno  >  未分類  >  鳥の顔・眼

okuno さんの日記

 
2021
5月 6
(木)
11:13
鳥の顔・眼
本文
先月伊豆の家に行った時の事。
不在の間はいつも雨戸を閉めている。行って、2階の雨戸をあけようとしたけど、何かが邪魔して雨戸が戸袋の中に納まらない。
隙間から見たら、なんと鳥の巣らしきものが。
引出してみたら卵が1つ。以前見たことある「鳩の卵」だ!
もう冷たくなっていたので、巣と一緒にすてたけど、その後も巣を探しているらしき鳩はやって来なかった。
以前、マンションに住んでいた頃、ベランダの鳩の巣に悩まされたことがあったので、薄水色の鳩の卵は知っていた。
その時に見た鳩の顔や眼は忘れられない。ずるがしこそうな嫌な目つき。
その前に鳩の糞で「クリプトコッカス」という病気になった友人のことも思い出して。
それに比べると、高山にいる「ライチョウ」の眼の優しさ。これは2008年に南アルプスの農取岳の近くで見た雷鳥。
特にヒナを連れている時の眼と声は愛らしい。
閲覧(462)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。