TOP  >  活動日記  >  okuno  >  未分類  >  尾瀬の花(その2)

okuno さんの日記

 
2015
8月 7
(金)
12:15
尾瀬の花(その2)
本文
ツマトリソウ(褄取草、白い花弁の周りに薄らと縁取りがあります。これを和服の褄に見立てて名付けられたとか。日本語の美しい響きと表現の妙!気品ある花です。)
ヒツジグサ(尾瀬の池塘に咲いている水草です。羊の刻ー午後2時頃に花が開き始めるので付いた名前。)
ウメバチソウ(図鑑によるとオシベの付き方に特徴があるとのこと。それで花全体が家紋の「梅鉢」に似ているので。小さいながらシャキッとした姿勢で咲いています。)
閲覧(13089)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。