TOP  >  活動日記  >  okuno  >  未分類  >  箱根の石仏

okuno さんの日記

 
2015
12月 6
(日)
18:05
箱根の石仏
本文
我々は昔からお寺や神社・仏像が好きで機会ある度にあちこち訪ねていました。何故か上手く説明するのは難しいのですが、その建物や庭等の空間・空気も落ち着きますし、仏像に対峙していると心は安らぎます。
で、その根っこも見てみたいと、仏教の始まったインドや今も仏教の国であるミャンマー、三蔵法師が旅したシルクロードの道や敦煌にも行って来ました。
一方、仏像の中の「石」で作られ路傍に置いたりして、いつも人々の近くにいた「石仏」にも関心がありましたので、近年は殊更に「石仏を訪ねる」旅もしています。
箱根のあちこちにもあることを知り、いつか行ってみたいと思っていたのですが、大涌谷も警戒レベルが下がったことだし、先日訪ねてみました。石仏はお地蔵様や観音様が比較的多いのですが、ここに載せた写真は少し変わり種。箱根を見る目、感じ方も変わった旅でした。
精進池近くの「曽我兄弟・虎御前の墓」、姥子の「薬師如来と十二神将」、小涌谷の「閻魔大王」。
閲覧(11439)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。