TOP  >  活動日記  >  okuno  >  未分類  >  ふるさとの今

okuno さんの日記

 
2019
4月 10
(水)
18:27
ふるさとの今
本文
故郷宮崎の南端、鹿児島県との県境にある都井の家。今、屋敷は無人ですが、知人に管理を頼んでいます。
その彼からの近況報告。果樹園の金柑ハウスの金柑は1月から2月に収穫後、枝の剪定をします。写真はそのビフォー・アフター。実が黄色く色づいてくると猿が押し掛けるので、網を張ったハウス内で育てているのです。
もう1枚の写真は「ソテツ」。屋敷内には多くのソテツがあり、家も高床に作られているので、庭の風景は南国調。ソテツは今の時期にこのように坊主頭にしてしまいます。そうすれば、5月か6月頃、柔らかな綺麗な色の新しい芽が出てきます。ソテツに古い葉が残るのも貫禄がありますが、新芽だけのソテツは初々しく瑞々しい美しさがあります。その時期にはまたお目にかけます。
閲覧(6606)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。